はじめに

聖進学院とは

教育理念

本校の目指す教育は、単に学力を高めることだけではなく、生徒一人ひとりの人格を高め、生徒一人ひとりが主体的に生き、社会に貢献できる人間に育てることである。
そのためには、生徒のできないことにとらわれるのではなく、できることを認め・褒め・励まし、その成長をともに喜ばなければならない。したがって、私たちは生徒の成長を信じ、日々努力を惜しまず教育に励まなければならない。

学院長挨拶

私たちは、 1981年(昭和56年)に、 学校になじめない不登校・発達障害・学力不振の生徒などが安心して過ごせ、 自分のペースで学べる居場所を作りたいという想いから、聖進学院を開校いたしました。
 「中学校時代、 思うような学校生活を送れなかったけれど、高校では新しい自分に生まれ変わり、勉強やアルバイト、友達との会話を楽しみたい。」「やりたいことを見つけ、一生懸命それに打ち込み、一生に度のかけがえのない高校生活を輝いた思い出にしたい。」と思っている皆さんの想いに応えます。
 聖進学院には、 皆さんが通いたいと思えるような学習環境があります。授業は、 中学校、 あるいは小学校までさかのぼって、 ゆっくり丁寧におこないます。 授業がわかるようになると勉強が楽しくなります。行事も、 林間学校・スノボ教室・文化祭・修学旅行・農業体験などいろいろありますし、 クラブ活動もたくさんあります。私たち教職員がサポートしますので、 そこでは皆さんが中心となって思う存分活動してください。もう皆さんは脇役ではありません。それぞれが主人公となって授業や行事に参加してください。
 そんな高校生活で得た多くの学びと体験は、皆さんの将来の可能性を広げてくれるでしょう。 そして、 自信と勇気と少しの不安を胸に一歩踏み出した時、 きっと皆さんは自分が変われたと実感できるでしょう。
 さあ、 あきらめずに、 聖進学院で本当の自分を見つけてください。

聖進学院の歩み(沿革)

1981年(昭和56年)

文京区湯島、学問の神様「湯島天神」のそばに高校再受験予備校として開校
名称は、文教地区お茶の水のシンボル「聖橋」にちなむ

1989年(平成元年)

学習指導要領の改訂に伴い通信制高校の課程が「4年以上」から「3年以上」に変更
通信制高校に在籍する生徒に対するサポートを始める

1998年(平成10年)

テレビ朝日「全国高校生文化祭グランプリ’98」にて和太鼓部が音楽部門賞獲得
「教育トゥディ」(NHK教育)で紹介される

2000年(平成12年)

在学中のプロデビューを目指す「音楽科」開設。
それに伴い校舎内に ボーカルスタジオ・ダンススタジオを増設

2001年(平成13年)

埼玉校を開校

2002年(平成14年)

東芝EMIより谷戸由李亜在学中にCDデビュー(7月アニメ主題歌、15年2月アルバムリリース)

2003年(平成15年)

訪問介護員(ホームヘルパー)研修会場として東京都の認可を受ける

2006年(平成18年)

サポート校では初のホームヘルパー1級養成研修を開始
翌年3月、2名が資格を取得
東京校を現在の場所 、 中央区日本橋富沢町8−10 に移転

2009年(平成21年)

聖進登山隊富士山に登る。毎年恒例の富士山登山。53人全員登頂成功

2012年(平成24年)

埼玉校を現在の場所 、 さいたま市南区南浦和2−41−5 に移転

2013年(平成25年)

サポート校で唯一の介護職員実務者研修養成校として認可を受ける
前文部科学副大臣鈴木寛氏が視察に来校

2014年(平成26年)

東京都中学校長会進路部会の先生方15名が来校

2016年(平成28年) 

本学院3年「堀米雄斗」が東京オリンピックスケートボード競技指定強化選手となり、 TBSテレビ「S1」の取材を受け、本学院とともに紹介される

2020年(令和2年) 

パソコン教室を設置し、IT環境を整備

通学について

個別コース 自分のペースで始められます。
普通コース/福祉コース/音楽コース 週5日登校することができます。

高等学校について

高等学校の種類

全日制 基本的に毎日学校に通い、1日5時間〜8時間程度学び、3年以上の在籍期間を経て卒業。
定時制 基本的に朝・昼・夜のいずれかに毎日学校に通い、1日4時間程度学び、4年もしくは3年以上の在籍期間を経て卒業。
通信制 通学日数や学び方など、学校によって異なります。3年以上の在籍期間を経て卒業。

単位取得

学年制 ・各学年ごとに単位を取得できないと、次の学年に進級できないまたは、卒業できず留年となります。
・全日制の高等学校の多くに採用されています。
単位制 ・1、2年生で単位を取得できなくても次の学年に進級でき、3年生で全ての単位を取得できれば卒業できます。
・定時制と通信制の高等学校の多くで採用されております。

サポート校とは

 サポート校は、通信制(単位制)高等学校を卒業するためのサポートをします。そのため、卒業証書はサポート校のものではなく、通信制高等学校から授与されます。つまり、聖進学院を卒業時には、提携校である通信制高等学校「大智学園高等学校」の卒業証書が授与されます。全日制や定時制の高等学校卒業と何ら遜色のない高校卒業資格です。
 学び方は、登校日数に縛りはなく、登校して学ぶ、在宅で学ぶなど、生徒に無理のない学び方で、卒業のための単位取得をサポートし、卒業に導きます。