先日、3年前の卒業生、堀内君と大澤君が遊びに来ました。

DSC_0126

在学中はモジモジ君だった二人。

卒業前、進路を決めるときも、面接の練習から何から大変でした。

まじめな二人なので、決まったところで精一杯がんばってくれるだろうことは分かっていたのですが、なかなか自己表現ができず、自分を相手に理解させるところが難しかったのです。

 

無事、進路が決まり、3年後、二人とも立派に働いていると知り、とても嬉しくなりました。

大澤君は、なんと、今、営業職に就いているのだそうです。

あのモジモジ君が営業とは・・・

感慨深いものです。

 

聖進学院の生徒は、自分を良く見せること、自分を表現することが苦手な生徒が多いです。

在学中の3年間をかけて、少しずつ、または劇的に成長し、社会へ羽ばたいていきます。

新しい社会でも居場所を見つけ、成長した姿を見せに来てくれることは、我々教員の喜びです。

 

連休の合間でゆっくり話ができなかったので、また、二人そろって遊びに来てくださいね。