26年度埼玉校卒業生インタビューその③

おはようございます。暖冬と言われていましたが、ここ最近本格的な冬が到来したような寒さですね。朝の検温を徹底して、体調管理に努めましょう。

 

さて、またまた埼玉校の体験入学に卒業生がスタッフとしてお手伝いに来てくれました!今回は26年度卒業生石橋隆君です!彼は同級生が体験スタッフを手伝っていると知り、自分も手伝いますと、仕事の合間を縫い、自ら電話を掛けてきて参加してくれました!在学中も3年間スタッフとして頑張ってくれていました。スポーツ系、肉体派の彼は力仕事を率先して引き受けてくれていました。今回はそんな石橋君にインタビューです!

s_DSCN1113

Q.石橋君は現在、どこに所属していますか?

石橋「サカイ引越センターの東京の方の支社で、正社員として仕事をしています。」

 

Q.今はどんな仕事をしていますか?

石橋「引越しの荷物や家具を運ぶ仕事です。配達業務も行っています。」

 

Q.どんなことが楽しいですか?

石橋「階段作業です。エレベーターがない建物では、階段で荷物や家具を運びます。すごく大変ですがスポーツのような感覚で楽しいです。今の時期でも半袖で汗だくになるほどハードです。」

 

Q.大変なことは何ですか?

石橋「トラックの運転です。トラックは半クラをほとんどせずに運転しなければならないので苦戦中です・・・。」

 

Q.最後に、聖進学院在校生へメッセージをお願いします!

石橋「1年生は友達を大切にして毎日を楽しく過ごしてください。2年生は将来に向けて、自分の進路を考え始めてください。3年生はとにかく進路に向けて早めに行動してください。特に就職の人は速めに動かないと、希望の会社が埋まっていってしまいます。」

 

就職1年目の彼は、仕事で悩んでいることも多いらしく、来て早々玄関先で櫻井先生に相談を始めていました。

s_DSCN1112

苦手な英単語も頑張って覚えたり、文化祭のクラス打ち上げ幹事も自ら率先して行ったり、卒業しても母校に自ら貢献してくれたり・・・。そんな君の頑張りや、たくさんある良いところを、きっと誰かが見てくれているはず!

同じ社会人として応援しています。また来てね。英語科・山田より。

s_DSCN1116