26年度埼玉校卒業生インタビュー!

おはようございます。天気はすっかり良くなったといえど、気温はまだ上がらず、路面状態も悪いままです。転倒しないように道をよく見て、凍っている場所は避けて歩くようにしてくださいね。

 

さて、先週の土曜日1月19日の体験入学に、昨年度卒業生の森島正弘くんがスタッフとしてお手伝いに来てくれました!在学中も3年間体験スタッフを務めてくれた彼は、卒業後も後輩スタッフのお手本となったり、聖進学院での進路活動や卒業後の様子などを参加者にお話ししてくれています。

 

せっかく手伝いに来てもらっているので、森島君にインタビューをしてきました!

s_DSCN1108

 

Q.森島君は現在、どこに所属していますか?

森島「川口高等技術 専門校 情報処理科です。」

 

Q.今はどんなことを勉強していますか?

森島「コボルという、銀行で使われているプログラムを勉強中です。でももうすぐC言語をやっていきます。」

 

Q.どんなことが楽しいですか?

森島「自分の考えた機能がきちんと実装(実現)できた時です。すごく達成感があります。」

 

Q.大変なことは何ですか?

森島「授業の進度が早いので、気を抜くとすぐに置いて行かれそうになることです・・・。」

 

Q.現在卒業後の進路はどう考えていますか?

森島「まだ考え中です・・・1年生なので。」

 

Q.最後に、聖進学院在校生へメッセージをお願いします!

森島「もっと勉強する癖をつけた方がいいです!あと、生活リズムをきちっとした方がいいです。実際ぼくも朝起きられなくて苦労したので・・・。」

 

ということだそうです。皆さん、特に最後のメッセージはよーく読んで今の自分の生活を見直しましょう!

 

森島君!また体験入学のお手伝いよろしくね!仲良しの英語科山田より。

s_DSCN1109