私たち、保育士になります!~和合さん、高木君、山中君編

今日の進路決定者インタビューは、仲良し3人組 3年A組 和合成奈さん、高木良太君、山中瑞樹君の3人です。

20160108_151043

3人とも仲良く東京福祉保育専門学校に進学が決まりました。

「なぜ、この専門学校に決めましたか?」

「子どもが好きだからです

「さすが仲良し3人組、そろってますね。」

「いつ頃決めましたか?」

「私は3年になってから決めました。こんな学校があるということは2年の時から知っていましたが、実際に行く決めたのは3年になってからです。」

「2年の時から調べたり準備をしていたということですね。さすがしっかり者の和合さんです。」

「僕は3年の夏休みです。」

「ふむふむ。オープンキャンパスに参加した結果ということかな。」

「僕は、和合さんに便乗しました

「・・・。」

「(気をとりなおして)3人の将来の夢ってなんですか?」

「私は保育園で働きたいです。そしてゆくゆくは園長になりたいです。」

「和合さんは2年の時、保育所でアルバイトもしてましたもんね。」

「はい 生徒会長になり、体験入学の手伝いなど学校行事が忙しくなり、残念ながら途中でやめてしまいましたが。でも、保育士になるのが小さいころの夢なので必ずかなえたいです。」

「山中君は?」

「僕は幼稚園の先生になりたいです。」

「山中君、優しい雰囲気だから、合っているかもしれませんね。」

「高木君は?」

「家業を継ぎます。」

「・・・・。(あんたの家業は保育関係じゃなくない)」

「(再び気をとりなおして)最後に後輩へのアドバイスをお願いします。」

「とにかく早めに先生に相談すること

「とにかく1回はオープンキャンパスに行くこと

「通える距離の学校にすること

「3人ともありがとうございました。」

今は仲良し3人組ですが、この3年間、それぞれにいろいろなことがありました。

夢を持ちながらも、なかなか登校できない日々を過ごした生徒もいます。

けれども、現在は休むことなく毎日登校しているのはもちろんのこと、自分の夢に向かって一歩踏み出そうとしていることがとにかく嬉しいです。

進学後も、仲良し3人組のまま、困ったときも助け合い、それぞれの夢を実現させてくださいね。

One Comment