スノーボード教室こぼれ話 その壱~成長したね

スノーボード教室こぼれ話です。

 

今回のスノーボード教室で、生徒たちの成長を感じました。

 

例えば3年生のI 君ですが、思い起こせば2年前。。。

当時1年だったI君は、スノーボードブーツに慣れず、立ち上がるのさえ困難でした。

IMG

その様子はまるで生まれたての子羊のよう。

クラスのみんなは滑ることも忘れ、ただただ励ましていました。

それが今回、みんなから遅れることなく、最後まで実習ができるほどまでに上達しました!

IMG_4556

 

 

また、2年生のYさんは、去年のスノーボード教室ではただただ泣きじゃくっていました。

IMG3

担任が一生懸命励ましていましたが、まったく効き目なし。

それが今回、一度も弱音を吐かず、班のみんなと楽しく滑ることができました。

IMG_4609

 

そして、2年生のK君。

去年はとにかくみんなから遅れることはなはだしく、担任がボードを持ってあげたり、手を引いたりしてやっと歩く感じでした。

IMG2

今年は、進んで参加し、班のみんなと一生懸命滑る姿が見られました。

IMG_4651

 

ほかにも、去年、おととしと実習を嫌がったりする生徒たちがいましたが、その生徒たちはみんな、途中で実習班から脱落することなく最後まで滑れたことで、生徒の成長を実感しました。

 

これまであまり触れたことのない雪山で、雪の冷たさや温かさを感じさせたい。

若いうちにいろいろなことを体験させ、今後の人生にいかしてほしい。

そんな教員一同の願いが、今年も少し達成できたかな。

 

 

 

 

 

 

 

One Comment