聖進学院 東京校に入職して

聖進学院 東京校の小座間です(^_^)/
東京校に勤め始めて約1年が経とうとしています。
幼い頃から人の顔と名前を覚えることが苦手で、200人以上いる生徒の名前を覚えられるかとても不安でした。
生徒が私の名前を覚えて話かけてくれているのに、私はその子の名前がわからないということもしばしばあり、ふがいない気持ちになったことも多々ありました。
相手の名前を覚えるということは、コミュニケーションを図る上ではじめの一歩となる大切なことです。
私の担当教科は国語ですが、授業を通してコミュニケーション能力を向上させることを一番の目的としています。
そんな自分が生徒の名前を覚えられないようではお話になりません。
なるべく早く全員の名前を覚えられるように多くの生徒に話しかけることを心がけていました。
もちろん、顔と名前が一致した今でもこのことに変わりはありません。
顔色は悪くないか、元気のない顔をしていないか。いつも気に掛けています。
授業を持っていないクラスの中には私の名前を知らない生徒もいるかと思いますが、どうかこのブログを通じて覚えてもらえれば幸いです。
話は少し変わって、私は4月から1年B組の副担任をさせていただいています。
入学当初は毎日不安そうな顔で登校していた1年B組の生徒たちも、今となっては休み時間に廊下まで声が聞こえるくらいの賑やかさです。
そしてみんな、私のことを見かけるとよく話しかけてくれます。男の子は専らモンストのことばかりですが…(笑)
それでも、たとえ些細な話題であったとしても「先生に会ったらこれ話そう」と考えてくれることが嬉しいですし、このように多くの人と話すという積み重ねはきっと社会で生きていく上で役に立つと思います。
attachment00
これからもゲームの話でも、勉強の話でも、悩みの相談でも、なんでも気軽に話してくださいね。
また授業は2年A組と2年B組を中心に担当していますが、1学期の頃はほとんどの生徒が空白のままにしていた記述問題を2学期に入ってからはチャレンジするようになったようすを見て、生徒たちの成長を感じています。
出来なくてもいいんです。挑戦する気持ちが、間違える勇気が大切だと私は思います。
来年はそれぞれの進路に向けて、さらに勉強を頑張りましょう。
最後になりますが、今年一番嬉しかった出来事についてお話させてください。
8月に行われた富士登山のとき、生徒と先生方にお守りとしてメッセージカードをプレゼントしました。
attachment01 attachment02
渡した際に喜んでもらえたことも嬉しかったのですが、2学期に入ってからもそのカードを「いつも持ち歩いています!」と見せてくれた生徒がいたことが本当に嬉しかったです。
来年は私も富士登山に挑戦しようと思っています。
今度は一緒に山頂からの景色を眺めて、登頂の成功を共に味わいたいです。
長くなってしまいましたが、今年度も残すところ3ヶ月。
3学期も元気な姿のみなさんに会えることを楽しみにしています。
ケガや病気に気をつけてくださいね。
それでは素敵な年末年始をお過ごしください(o^^o)
One Comment