憧れの教師に

聖進学院 東京校 数学科 礒です。

 

4月から新たに私の社会人としての生活が始まりました。

教師は中学時代からの長い夢でしたので、なれたことに感動しました。

 

数学嫌いの生徒を少しでも減らしたいと意気込んだものの、現実は苦労の連続でした。

授業をしても、生徒の反応から見て耳には入っても頭には入っていない様子でした。

 

私の授業が授業ではなく、知識を植え付けているだけだと感じました。

先輩の先生方からも「それでは他の学校の先生と変わらない」と言われました。

 

だから少しでも多くの生徒に理解してもらいたいという気持ちで教材研究をしました。

どういう教えから、どういう表現ならよりよくわかりやすいかいろいろと考えました。

 

その結果、とある授業でとある生徒が「中学でわからなかったのが今わかりました。」と言ってくれました。

この言葉1つ聞いただけで、ここで教師になれてよかったと思います。

 

私は全学年の数学を担当しています。

私の授業で数学を好きになってくれとは言いません。

ただ卒業した後、数学に少しでも触れたとき、礒先生がこんなことを言ってたなあと思い出してください。

images-0002

One Comment