埼玉校2年生の皆さんへ

おはようございます。いつの間にか秋も深まったと思えば、本日は夏日。気温の変化に気を付けてください。文化祭を終えた生徒の皆さんは、もう疲れは取れましたか?明日から通常授業、非日常から日常へ戻ります。気持ちを切り替えて授業に臨みましょう。

 

埼玉校2年生は文化祭でフランクフルトのお店を開きました。場所は3階福祉科教室。広いけど窓のない部屋。明るさでは他教室に勝てないと踏んだ我々は、そこを逆手にとって「バーのように薄暗く、電飾や間接照明をつけて大人な雰囲気をだそう」というアイディアのもと、お店作りを進めて行きました。

s_DSC02429s_DSC02392

文化祭に対するやる気や熱意は埼玉校のどのクラスよりも高く、賞を必ずひとつ獲ろうという目標を掲げ、準備期間の初日から最終日まで毎日みんなで残って作業をしていました。

s_DSC02427s_DSC02437

準備中も本番も笑いあり涙ありの大波乱で、この2週間うまくいくかどうかずっと心配ばかりしていましたが、無事に文化祭を終えることが出来て今では少しほっとしています。

s_DSC02439s_DSC02450

また、この文化祭を通してクラスの雰囲気も少し変わったように感じました。それは普段あまり会話をしない間柄の生徒たちも準備を通してコミュニケーションを取っていたこと。自ら準備物の用意を申し出たこと。文化祭終了後の後片付けボランティアもクラス全員が参加、協力して取り組んだことなど。ひとりひとりに、確実に思いやりの心が身についていると実感することができ、賞を獲ることよりもそのことの方が今年の文化祭の一番の収穫かなと思っています。

 

また来年もいい思い出になる文化祭にしましょう。2学年担任     山田より。