入学式 誓いの言葉(候補者:佐々木瞳さんver.)

みなさん こんにちは

 

本日は、誓いの言葉候補者だった佐々木瞳さん(台東区立忍岡中学校出身)の

全文を特別に載せちゃいます(*^。^*)

 

当日のために、休むことなく何度も学校に来て練習を重ねてくれました

一生懸命自分の言葉で書いてくれたのに、

そのまま誰の目にも止められないのはもったいない

 

ですよね(・へ・)

 

 

それではごゆっくりお読みください

 

 

 

 

私は、中学校で、休み時間に孤立してしまったり、みんなの輪の中に入っていくことが苦手だったので、

2年生の時に三か月不登校をし、残りの時間は図書室で過ごしました。

三年生になった時、二学期の前半まで通えましたが、後半から不登校になり、また図書室登校を再開し、

先生やクラスメイトに助けられクラスに復帰することができました。

高校は、どこへ入学したらよいのか悩んでいた私に、担任の先生が「聖進の先生は、ふんいきがとっても良かったよ。」

と聖進学院をすすめてくれました。 聖進学院の体験授業を受けた時、先輩方は私に優しく接してくださったり、

質問にきちんと答えてくれました。先生に相談すると、真剣に聞いてくださりとても安心しました。

そして私は聖進学院に入学することを決めました。

自分の進路を投げ出していた私が、また学校に行って勉強しようと思えたのは、母や、先生、先輩方ががんばってくれたおかげです。

私は、聖進学院で生活するときに守りたいことが三つあります。

それは、周りの人のことを考えること。人に迷惑をかけないこと。できないことはできないと言うことの三つです。

周りの人のことを考えようと思ったのは、気をつかってもらったり、お世話をしてもらってうれしかったからです。

私が困っていた時に率先して助けてくれた友達のように、私もなりたいからです。

人に迷惑をかけないようにしようと思ったのは、みんなに認められる一人前の大人になろうと思ったからです。

できないことはできないと言うということは、バイトや学校で役割を決める時に、気持ちだけで、

最後まで全部やりとげられない時があるかもしれないからです。

聖進学院で過ごす時にこの三つを忘れずに、いろんなことに挑戦したいです。

たとえば、クラブ活動や勉強、お弁当づくりです。みんなとのお話に、少し不安があったり、

勉強や、お弁当作りを毎日頑張れるか不安ですが、それも勇気で乗り越えてみせたいです。

聖進学院に入学でき、無事に入学式に立てていることがすごく恵まれていて幸せだと思います。

これからの三年間を大切に生活していきたいです。

そして、お父さん、お母さん、いままでありがとうございました。学校で楽しく頑張ります。

たくさん、心配かけたり、わがままを言ったり、時にはストレスで当たってしまいごめんなさい。

大人になって、今度は、二人を助けられるようになりたいです。これからも、どうかよろしくお願いします。

これからお世話になる先生。私たち、新一年生をよろしくお願いします。

不安や、心配、やりたいこと、楽しみなこと、それぞれ、みんな胸がいっぱいです。

これから三年間、ご指導よろしくお願いします。

私たちは、先生たちとおしゃべりしたり、先生たちの授業を受けるのがとても楽しみです。

 

平成27年4月15日 新入生代表 佐々木瞳

誓いの言葉 佐々木②